診療科目

軟部外科

軟部組織外科とは、神経外科や整形外科以外のほぼ全ての組織を扱う外科分野です。近年増加傾向にある腫瘍性疾患はどの臓器にも発生する可能性があるため、どの臓器・組織の扱い方にも精通している必要があります。当院では、CT装置を用いて綿密な術前計画のもとに手術を実施しています。
当院では胸部外科・肝胆膵外科・サルベージ手術など高度な外科にも対応します。また、早急な手術を必要とする緊急疾患には即日対応致します。

腫瘍外科
心膜腫瘍、肺腫瘍などの胸腔内腫瘍、肝臓腫瘍や副腎腫瘍などの腹腔内腫瘍、口腔内腫瘍や形成外科の必要な体表腫瘍など多くの腫瘍外科に対応しています。
腫瘍の多くは抗がん剤や免疫療法などの治療も必要となるため、手術の必要性も含め内科医と連携して検査・治療を行っています。
先天性疾患
門脈シャントや動脈管開存症などの外科手術の必要な先天性疾患は特に診断が重要となります。
MRI/CT 検査や循環器の認定医と連携してきちんとした診断を行った上で外科治療を行います。
緊急疾患
胆嚢破裂や血胸/血腹、尿管閉塞など緊急性が高く術後も24時間での管理が必要な疾患に対してはなるべく素早く対応させていただいております。
CT検査
軟部外科の多くでは術前、術後のCT検査が有用です。
CT室が手術室に隣接しており、必要であれば術中でも検査が可能です。
場合によっては無麻酔でCTを行うことで、負担をかけず診断を進めることが可能です。

対応可能疾患例

肺葉捻転
 
門脈シャント
 
胆嚢切除
 
尿管結石
 
会陰ヘルニア
 
顎切除
 

お電話番号(日中)

  • 八幡山院TEL:03-3304-4090
  • 柏の葉院TEL:04-7137-0577
  • 二子玉川院TEL:03-5717-3232

お電話番号(夜間救急 )19:00~10:00

  • 八幡山院TEL:03-3304-4090
ページトップへ