骨折

当院では四肢、骨盤、顎や脊椎まで各種骨折の整復術を行っております。
動物の骨折はギプスなどの外固定ではうまく行かない事が多く、なるべく早期からきちんとした手術での治療が必要になる事がほとんどです。
当院ではインプラントや器具を取り揃え、常に手術に対応できるように準備しており、骨盤骨折や複雑骨折など通常のレントゲンだけでは把握が難しい骨折もCTを使用する事で正確な術前のプランニングが可能です。
骨折を整復する場合にはプレートや創外固定、ピンニングなど様々な方法を駆使しますが骨折の場所、種類、動物の性格や費用に応じて適切な治療法を提案させていただいております。

プレート固定
もっとも多くの場合に用いられる治療方法で、金属製の板とスクリューにより骨の固定を行います。
確実・正確で丈夫な固定が可能であり、多くの場合ではより早期から動物を自由に動かせるようにしてあげることが可能です。
プレートにも様々な種類が存在し、当院でもロッキングプレート、ミニプレート、チタン製プレートなどを症例により使い分けることでほとんどの症例に対応できます。
創外固定
感染が疑われる骨折(開放骨折)や極端に端の骨折の場合などで使用します。
また、プレート固定と一時的に併用する場合もあります。
ピンを皮膚の外に置いた特殊な創外固定装置により固定することで骨を固定します。当院では通常の創外固定に加えチュブラーという創外固定装置を行い、より細かい骨折の治療も可能です。
ピンニング
整形外科用のピンを用いて骨を固定する方法です。成長期の成長版骨折などはピンをうまく使用することで成長を阻害しないように固定を行う場合があります。幼齢犬の骨や手の骨などの細い骨などの場合にも用います。また、プレートと併用して固定の強度を上げるために使用する場合もあります(プレートロッド)。

お電話番号(日中)

  • 八幡山院TEL:03-3304-4090
  • 柏の葉院TEL:04-7137-0577

お電話番号(夜間救急 )19:00~10:00

  • 八幡山院TEL:03-3304-4090
ページトップへ