診療科目

一般・総合診療

一般・総合診療科ではワクチンなどの予防医療や、下痢・嘔吐などの一般診療や避妊・去勢手術などの不妊手術、歯科処置などを行っています。
また、診察を行った上でより専門性が高い検査・治療が必要な場合にはほとんどの症例では院内の機器と各科との提携による素早い治療が可能で、入院で夜間の治療が可能となった場合でも夜間スタッフと連携した集中管理が可能です。
院内で対応できない症例に関しても適切に判断した上で大学病院などを紹介させていただくことが可能です。
多くの患者様は最初から重症であるかどうかわからない、何が悪いのかわからない状態で不安を抱えて来院されることが殆どです。そういった子たちの何が悪く、どういった検査や専門治療が必要なのかを判断するために一般外来の診療は最も大切だと考えています。
そのため学会やセミナー、大学での研修などに積極的に参加し、日々新しくなる獣医療の情報・技術を常に更新できるように努めています。
院内でも定期的なセミナーを実施することでスタッフの知識と意識の向上を目指しています。

予防医療
狂犬病ワクチン、混合ワクチンなどの接種やフィラリア、ノミ・ダニの予防を行っています。種類なども幾つか揃えておりますので、ぜひご相談ください。
不妊治療
避妊手術、去勢手術などの不妊手術は随時行っています。手術の前にはなるべく一度御来院の上一般診察を行い、他に問題がないかチェックさせていただいております。避妊・去勢手術は一般的に行われる手術ですが、キチンとした麻酔・局所麻酔も含めた疼痛管理を行い、少しでも安全で患者に優しい手術を心がけています。
手術の場合には予約が必要となりますので、御来院いただくかお電話にてお問い合わせください。
歯科処置
歯の健康は動物にとっても非常に重要です。日々の歯磨きが大切ですが歯周病の管理のためにどうしてもスケーリングにて定期的に歯を綺麗にしてあげる必要がある子もいます。
無麻酔での歯科処置は患者へのストレスが非常に強く、見える部分のみをきれいにして歯周ポケットの処理が行えないため、歯周病治療には不十分であり近年は推奨されていません。
当院では麻酔科や循環器科と提携し、より安全な歯科処置を心がけています。抜歯が必要な場合でも局所麻酔なども用いることでより術後も痛くない処置を目指しています。
院内検査/各科との連携
一般外来で来ていただいた場合でももちろん必要であれば血液検査から CT/MRI 検査まで行うことが可能です。検査の結果に応じて各科の担当医と相談して専門治療を行なっていくことも可能です。

お電話番号(日中)

  • 八幡山院TEL:03-3304-4090
  • 柏の葉院TEL:04-7137-0577
  • 二子玉川院TEL:03-5717-3232

お電話番号(夜間救急 )19:00~10:00

  • 八幡山院TEL:03-3304-4090
ページトップへ