診療科目

麻酔科

動物では人と異なり手術のみではなく検査(CT検査、MRI検査、内視鏡検査など)でも全身麻酔が必要な場合がある為、全身麻酔の安全性を高める必要があります。
当院では全身麻酔に局所麻酔や鎮痛薬などを併用するバランス麻酔を取り入れ、麻酔薬による有害反応をできる限り抑える事ができるよう心掛けております。
避妊手術や去勢手術などの簡易手術においても局所麻酔を併用したきちんとした鎮痛を行い、より安全に麻酔を実施できるように努めています。
麻酔/鎮痛に関して不安・わからないことがあれば是非問い合わせください。

当院では月に一度麻酔専門医をお呼びして、より麻酔のリスクが高い症例の麻酔を担当していただいております。
また、スタッフの麻酔教育・指導も行っていただくことで、病院全体の麻酔技術の向上にも努めています。


麻酔科医(麻酔指導医)  長濱正太郎 先生
【経歴】
東京大学獣医学博士課程修了後、東京大学付属動物医療センターや日本動物高度医療センターにて麻酔科医を担当し、現在は岐阜大学客員准教授と日本動物麻酔科医協会代表理事を務める。
https://www.j-vas.com/

動物では局所麻酔単独で手術を行う事は困難で、基本的には全身麻酔と併用します。
局所麻酔薬を使用する事で、全身麻酔薬の投与量を減らす事ができ、麻酔の安全性が高まります。
局所麻酔にも様々な種類・方法があり、手術の種類や患者に合わせて選択しています。

末梢神経ブロック
手術によって痛みを感じる神経の周囲に局所麻酔薬を投与する事で、効果的に手術中の鎮痛を行います。
方法は様々ですが、当院では専用機器を使用して電気による神経刺激ガイドを行う事でより確実に目的の神経周囲へ局所麻酔薬を投与しております。
全身的な鎮痛薬の投与と比べて効果は高いと言われておりますが、局所麻酔薬は投与後最大半日程度しか効果を保つ事ができない為、通常手術後には鎮痛薬投与による疼痛管理が必要となります。
浸潤麻酔
手術部位(皮下、皮内)に局所麻酔薬を投与する事によって鎮痛を行います。 手術後にも局所麻酔薬を持続的に投与する場合には手術部位にカテーテルを設置して、持続浸潤麻酔を行う場合もあります。

手術の内容によって痛みの程度や持続時間は異なりますが、手術後には痛みを伴います。
痛みは動物にとって大きなストレスとなるので、手術後の鎮痛は積極的に行うべきと考えております。
また、言葉を話せない動物では痛みの評価も重要で、動物の行動や表情、食欲などで痛みの程度を評価して(ペインスケール)適切な鎮痛方法を選択し、その都度鎮痛方法を変更していきます。

注射麻酔(フェンタニルなど)
パッチ(フェンタニルパッチ)
浸潤カテーテル

お電話番号(日中)

  • 八幡山院TEL:03-3304-4090
  • 柏の葉院TEL:04-7137-0577

お電話番号(夜間救急 )19:00~10:00

  • 八幡山院TEL:03-3304-4090
ページトップへ